ありーのだいありー

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありーのだいありー

いろいろ書いてましたが(笑)、今はただの旅日記です。

男がはしゃぐスター・ウォーズ7、何が面白いのかしら?

 

f:id:shinya-arikawa:20150707021852j:plain

今年2015年の冬に、10年ぶりにスター・ウォーズの新作 「スター・ウォーズ エピソード7 フォースの覚醒」が公開されるということで、世界は浮足立っています。

って...みなさんスター・ウォーズ観たことありますか?ぼくは何回もあります。父親が借りてきた観たのが最初で、その後も映画館にいって観たりしました。僕としては、「SFといったらスター・ウォーズ」なのですが、意外と僕の周りでは観ていない人が多く、少し残念な気持ちになりました。世代が違うんですかね...笑 

そこで、まだ冬の公開まで時間があります!スター・ウォーズの魅力を存分に知り、ゲオやTSUTAYAで借りて観たくなる、そんな話をこれからしたいと思います。

 

女性の方ってあんまりSF観ない印象があります(個人的な先入観ですが)。おそらく観ない派の世の女性陣はこう思っていることでしょう。

「スター・ウォーズ?宇宙の戦争とかのやつでしょ?何が面白いのかしら?」

「男って宇宙とかレーザー光線とか好きよね。子供じゃないんだから(笑)」

「光る剣を振り回してブオンブオン音するやつ?小学校で男子が傘振り回してやってたような...」

散々ですね(笑)まあ実際、子供っぽかったり傘振り回して遊んでたのはその通りなんですが(爆)

世の中の男性陣を代表していうとですね、「SFはロマンなんだ!!」ですね。例えば映画「未知との遭遇」で主人公ロイがUFOを追い求めるのに熱中するように、「未来」や「宇宙」「テクノロジー」「超能力」などの未知のものは、男の子供時代の夢や憧れをくすぐってくるのです。目が輝いてしまうんです。こういうとき、女性陣は温かい目で男性陣を見守っていてください。お願いします。通常すぐ元に戻るので笑

そんな女性陣も男性と一緒になって観ても面白い映画なことは間違いないと思います!!それは、ただのSFだけではとどまらないからです!以前の「嫌い」をなくすための5つの方法でも紹介したように、まずは先入観を持たずに、「ひょっとしたら良いかもしれない」とそんな気持ちで読んでくれると嬉しいです。

 

 

さて、では今まさに目を輝かせながら語っている僕ですが、スター・ウォーズの魅力について語りたいと思います。特に「壮大で独特の世界観」〜「神話学の反映」のところはこのシリーズの根幹に関わってくるところです。

■目次

 ▶そもそもスター・ウォーズとは  

 ▶エピソード4〜6と1〜3の違い  

 ▶超有名な音楽  

 ▶派手でカッコイイ戦闘シーン  

 ▶壮大で独特の世界観  

 ▶論理?感情?テーマは「愛」 

 ▶神話学の反映 

 ▶愛らしいキャラクター達 

 ▶さいごに 

 

そもそもスター・ウォーズとは

 まずスター・ウォーズの冒頭をみてください。

f:id:shinya-arikawa:20150707035820j:plain

「ん?」訳して見ると「遠い銀河の遥か昔...」そうなんです。なんと、どこかにある遠い銀河の昔の話なんですね!なんと未来じゃない!びっくりです。

 

辺境の惑星奴隷の身分であった一人の少年アナキン・スカイウォーカーとその子供達の成長、銀河系[※ 1]の自由と正義の守護者ジェダイと銀河系の悪と恐怖の信奉者シスの攻防、そして、銀河規模の共同国家体である銀河共和国から銀河帝国へ変わり、そして、帝国の圧政に対する反乱により再び復活した「新共和国」への変遷を描いた物語である。

『エピソード4』公開当初は、評論家から「スター・ウォーズは子供騙しの映画」と酷評されることが多かったが、その後「親子の絆を描いた叙事詩的映画」、「現代の神話」と高い評価を受けるようになった。また、『エピソード1』の公開時、従来のファンや各メディアの反応はあまり良くなかったが、『エピソード3』が公開されると、逆に新3部作のまとまり具合、民主主義の崩壊と帝国の誕生までの過程が、実際の人類の歴史と酷似している点が評価されるようになり、新3部作全体の評価も見直されている。

(引用元-wikipedia

 

ざっくりまとめると、ストーリーとしては銀河中を巻き混んだ戦争の中で正義と悪とが対立し合い、主人公は成長し、戦い、勝利していくという流れです。そこでは様々な異星人やロボットが交流し、現代では作り得ないような武器がたくさんあり、超能力のようなものもあり、主人公たちがドンパチをやるわけです。その中で恋愛や親子愛、友情と言ったものを感じ取ることができる。そして政治的な絡みもあり、現代においても象徴的な意味合いを含んでいる。

これがスター・ウォーズです。薄っぺらい解説ですけどもね笑 いまから肉をつけていくのでご安心を。それでは魅力に迫っていきたいと思います。

 

 

エピソード4〜6と1〜3の違い

多分観たことのない人の多くは、このエピソードの数で萎えるだと思います。「うわ、長いんですけど...1つの映画2時間だから全部で12時間??そんな観てらんないし他の映画借りるか」 こんなところでしょう。たしかに長いです笑 しかし好きな人にとっては足りないんですよね笑 だからエピソード7の公開があり、さらには8、9と続くんでしょう。

それぞれ公開順にいくと以下のようになります(引用元-wikipedia

...あれ?なんでエピソード4〜6が最初なの??

そうなんです。なんとストーリーの順序と公開年が逆転しているんです。なぜこんなややこしいことをしたのかというとですね、

「あぁ、そうだったのか...こうして"悪役"ダース・ベイダーが生まれたのか...!」という感動と驚きを体感して欲しかった

のだろうと思います。これは観ないとわからないと思います。というか語ってしまったらその感動を奪ってしまうのでここでは語りません。ストーリーを楽しみたい人が一番最初に見る順番としては絶対に456→123がオススメです。

 

さて、それでは456と123は何が違うのか

456:

時代設定は3の20年後からスタート。1970年代ですから、なんて言いますか、ドタバタ救出劇みたいな感じが多いです。「インディ・ジョーンズ」のような感じといったらいいんでしょうか?何かトラブルがあって、「やばい!助けてくれ!ああ!もうだめだ!あぁ...」テッテレーーーーン!!!!「ふう、よし、なんとか助かった...!」みたいな?伝わりますかね?笑 基本こんな感じです。 時代を感じます。

 

123:

CGを駆使した壮絶なバトルシーン、恋人や母親との揺れ動く感情、ロボットや異星人など、「アバター」を感じさせるような映像美。456を先に観たほうがいいっていうのは、このへんの事情も絡んできます。456だと映像が少しちゃっちいんですね笑 こちらは現代の映画ってっ感じです。

 

 789:

時代設定は6の30年後からスタート。どんな物語になるのか公開が楽しみです。

 

 

超有名な音楽

まず聴いてみてください。この音楽。 あの有名な「だーだーだー!だーだだーん!だーだだーん!」で始まる曲です。

 

次にこの曲。スター・ウォーズといったら冒頭のこの曲です。「たーん!たーん!たたたたーん!たぁーたたたたーん!たぁーたたたたーん!」で始まる曲です。

 

そしてエピソード7の予告編の曲。

たぶん一回くらいは聴いたことあるんじゃないかと思います。無い方は今のが一回ですね笑 すごいのがこのジョンウィリアムズという作曲家です。以下の映画の音楽を手がけています。有名なものだけでも、

・『スター・ウォーズ』シリーズ

・『インディ・ジョーンズ』シリーズ

・『ホーム・アローン』シリーズ

・『ジュラシック・パーク』シリーズ

・『ハリー・ポッター』シリーズ

・『屋根の上のバイオリン弾き』

・『ジョーズ』

・『未知との遭遇』

・『スーパーマン』

・『シンドラーのリスト』

・『プライベート・ライアン』

・『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』

・『SAYURI』

などなど!超売れっ子作曲家ですね。この人が書いた曲は大体流行ってますからねえ。本当すごいです。スター・ウォーズの中でも他にも素晴らしい曲を書いています。是非チェックしてみてください。

 

派手でカッコイイ戦闘シーン

これはもう観て欲しいとしか言いようがないのです笑 一応それらしい画像を置いておきますね。特徴としては、

・ライトセイバーというビームの剣やレーザー銃を駆使した戦闘

f:id:shinya-arikawa:20150707041356p:plain

「ブオンブオン」「ピュンピュン」っていう音は銃の「バンバン」が普通だった1970年当時の人達には相当衝撃的だったはずです。

 

・フォースと呼ばれる超能力を駆使した戦闘

f:id:shinya-arikawa:20150707041937j:plain

ものを手を使わずに動かしたり、ものすごいジャンプをしたり、相手の思考を操作したり、未来を予知したりできます。子供ごころをくすぐってきます。

 

・宇宙戦艦や宇宙船での戦闘

f:id:shinya-arikawa:20150707042125j:plain

当時は、こういう宇宙物の実写の映画ってなかったらしいです。せいぜい火星や月にいって帰ってくるて程度。しかしスター・ウォーズは銀河と銀河をまたぎます。そしてワープした先には敵の宇宙艦隊。「罠だー!」とレーザー砲の集中攻撃。これは大迫力ですね。

 

大体このようにまとめることが出来ると思います。これは言葉で伝えてもしょうがないので、是非観て欲しい部分です。

 

 

壮大で独特の世界観

映画「スター・ウォーズ 」シリーズは直接話がつながっているわけではありません。その間エピソードとエピソードの間にかなりの時間が経っています。また、映画の時代設定よりも数千年前のストーリーや、映画より後の時代のストーリーもしっかりと設定されています。こういうのを「サーガ」というらしいです。

つまりどういうことかというと、拙い図で申し訳ないのですが、

f:id:shinya-arikawa:20150707043904p:plain

こういう感じです。1〜3と4〜6に分けられると言っても、その中でも例えば1→2の間に10年くらい経ってるんです。しかも、数万年単位で歴史のように時代設定がしてあって、そのなかの数十年をピックがアップして映画にしてるんです。例えば2→3の映画では空白の数年間のストーリーをアニメ化したスピンオフ作品も100話以上に渡って公開されています。そう、スター・ウォーズは地球とは違う、他の遠い銀河の1つの歴史なんですね。

また、この中ではジェダイと言われる「正義」とシスと呼ばれる「悪」の対立がメインです。どちらもフォースという超能力とライトセイバーという武器を使います。違いは、ライトセイバーの色(悪側のシスは赤い色)、フォースの使い方や目的、そして思想だけです。よって一般人から見ればどちらも恐怖の対象であったんだと思います。異星人がうようよいるこの世界で、見た目は全然アテになりませんからね。

f:id:shinya-arikawa:20150707044915j:plain

ちなみにこのフォースというのは世界全体を包み込むように存在していて、あらゆる生命を生んだり、死なせたり、また力の作用を生んだりと、このフォースが全ての源に成っているらしいです。そして生物が死んだ後、魂はフォースに帰し、また新しい生命が生まれ、戻った魂はそこから生きるものを見守ってくれるのです。

実際、エピソード2では死んだはずのジェダイの師匠が主人公アナキンに向かって語りかけ、エピソード4でも死んだはずの別のジェダイの師が主人公ルークに語りかけます。そしてその後も霊体となって目の前に現れてアドバイスをするのです。

これはジブリや日本のマンガでもよく見られる死生観ですね。神道では、「祖先の神々から生まれたものは、やがてその一生を終えると祖先の神々の元へとそれぞれ帰っていく」という死生観があります。この祖先の神々=フォースと考えると、スター・ウォーズの死生観はかなり日本の、特に神道の影響を受けているはずです。

f:id:shinya-arikawa:20150707082626j:plain

この歴史を詳細に書いたサイトは検索すればかなり出てくるので、マニアの方々に譲りたいと思います。

 

 

論理か?感情か?テーマは「愛」

さきほど正義と悪の対立だ、と言いましたが、大きな時代で言えばそうなんです。しかし、映画化された部分で、もっと個人レベルで見ると少し違った風に見えます。単純な勧善懲悪モノにはなりきれないんです。どういうことか?

それはフォースという巨大な力を使うジェダイ(正義)とシス(悪)の思想の違いに由来します。

ジェダイでは「執着を捨てよ。執着は危険だ。暗黒面(ここでいうシス)につながる道だ。愛する1人よりも、100人の人々を守れ」と厳しく感情や執着を排除し、結婚や、家族、恋愛を禁止することでフォースの平静さを保ちます。

つまりジェダイ=正義=理性、無条件の愛

一方でシスは「愛する人を救いたければ、もっと怒れ、憎め。そうすれば無限の力を得て、永遠の生命を得ることが出来る」と、感情を高めることによってフォースの力を増幅させ、個人的な欲望を達成するために追求します。

つまり、シス=悪=感情、個人的な欲望

ジェダイは一種の超人的聖職者とでもいうのでしょうか。これは仏教、特に日本で発達した。禅の思想が強く影響していると言われています。仏教では愛着が全ての煩悩を生むと考えられています。これはジェダイの思想とほとんど同じですね。ちなみにジェダイは黒澤明監督の『時代』が由来になっていると言われています。

そう、実際監督のルーカスは黒澤明監督に影響を受けた日本びいきでしたからね。ちなみに、彼らの服装も日本の着物をモデルにしていますし、ライトセイバーの構え方もフェンシングよりも剣道に由来しています。ダース・ベイダーは日本の甲冑ですし、ナタリー・ポートマン演じるキャラクターのメイクが舞妓さんなど、全体的に日本文化の影響がかいま見られます

f:id:shinya-arikawa:20150707082311j:plain

f:id:shinya-arikawa:20150707082152j:plain

 

少し話がそれました。ここで興味深いルーカス監督の言葉をみてみましょう。

この三部作(エピソード1・2・3)を通して、私は善悪という二分法はとらなかった。自分では善を行っていると信じている人間が、どのようにして邪悪な存在になってしまうかこそが問題だったのだ。

始まりは愛する人を救いたいという極めて純粋な望みだった。自分の周りの状況をコントロールしたいというごくささやかなことだったのだ。母を、妻を失いたくない。本当に大切に思う人を失う苦しみを味わいたくない。そのために悪魔と契約を結ぶ、ファウスト的な物語である。

アナキンが抱えている問題の根源は、執着を捨てられないことにある。諦めをつけ、自分の人生を歩むべきことに気がつかない。厭だからというだけで、太陽が昇るのを止めることはできないのだ。しかし、アナキンは執着することでさらなる力を追求し、ついには宇宙を支配できると考えるところにまで行き着いてしまう。それこそが彼の真の転落であり、悪になるということでもある

そしてその結果、彼はすべてを失ってしまうのだ。皇帝以上の力を持ち得た可能性があったにも関わらず、皇帝の従僕となり、彼がなり得たものの影にしかすぎない。肉体は傷つきサイボーグと化して、もはや皇帝の力に及ばず、その座を奪うこともできない。そうなって初めてアナキンは自己の境遇、苦しみを受け入れるのだ。

(中略)

最初の「エピソード1」から見ていくと、全体がアナキンの贖罪の物語となってくる。オビ=ワンとヨーダはアナキンの子供たちがダース・ベイダーを倒すことを望んでいるが、彼らが理解していなかったのは、目的を達成する唯一の方法は、子供たちがアナキンの中に善があると信じることだった。アナキンの子供たちへの愛情が、ダークサイドから彼を引き戻し、真の悪である皇帝を抹殺して、予言通りフォースにバランスをもたらすのだ。だからこそ、アナキンはすべての源なのである。(ジョージ・ルーカススター・ウォーズエピソード3シスの復讐」プログラムより)

 

中略の後の文章はネタバレになってしまうので迷いましたがそのまま載せました。これを意識しているのと知らないのではスター・ウォーズ全体の物語観が大きく変わります。どうせ観るなら、これを意識しながら観たほうがただのSFではなく、より人間ドラマとして観ることができます。

つまり、主人公はシリーズを通してもあくまでアナキン・スカイウォーカーであって、彼がいかにジェダイという理性の道を行くか、それとも母を守り(エピソード2)、妻のパドメ(エピソード3)を守り、子を守りたい(エピソード6)という個人的な執着・感情を大事にするのか、というこの揺れ動きなんですね。

そして最後エピソード6、執着を捨てきれずに感情に身を任せ欲望に走り全てを失って、結果的には命令に忠実で冷徹・無感情・支配欲に飢える「ロボット化」してしまったダース・ベイダーは、父の優しい感情を盲信して飛び込み、殺されかける子供からの助けに訴えかけられて、以前アナキン・スカイウォーカーであった頃の「愛」の心を取り戻し、最後の最後でやっと自分の大切な人を救えたんです。

つまり、ここで正義=理性=無条件の愛VS悪=感情=個人的な欲望の対立図式が崩壊するわけです。いつでも理性、無条件の愛が万能なわけでもありませんし、そう簡単に人間は、正義の人、悪の人と割りきれません。人間は矛盾や葛藤に満ちているのです。それをこのアナキンスカイウォーカー=ダース・ベイダーという人物を通して描き出したのだと思います。

 

 

神話学の反映

みなさんジョゼフ・キャンベルという比較神話学者をご存知でしょうか?彼は世界中の神話を比較・類型化し、1つのパターンを導きだします。それが「英雄の旅」です。

英雄の旅とはキャンベルによると各地の神話のヒーローが歩む進路のようなもので、

英雄は、旅立ち、成し遂げ、生還する

のです。スター・ウォーズを始め、マトリックスやロード・オブ・ザ・リング、その他多くの物語がこれに沿うようなストーリー構成になっています。

これをルーカス監督がスター・ウォーズのストーリーの基本軸として据えました。実際にこれに当てはめてみましょう。

▼エピソード4〜6:

ルークスカイウォーカーは農作業をする砂漠の辺境の星から、異郷の老人に武器を渡され、宇宙に旅立ち、数々の戦績、ジェダイとしての修行、そして悪の粉砕を成し遂げ、無事に仲間のもとへ生還する。この快進撃にはスカッとします。

 

実はこれ、アナキン・スカイウォーカーの場合に当てはめることも可能なんです。

▼エピソード全体の1〜6:

アナキンスカイウォーカーは奴隷の身からジェダイによって解放され、辺境の砂漠の星を旅立ち、ジェダイの修行を積みながら様々な戦績を残し、一度はシスへと道を外しダース・ベイダーとなるも、ジェダイであったアナキンの頃の「愛」の感情を取り戻し、愛する者を守るという行為を成し遂げ、子や師の元へと生還し死する。これは感動的ですね。

 

だから、エピソード6のタイトルは「ジェダイの帰還」なんですね!わかります?これが2重の意味で使われていることが!!これを知った時は鳥肌ものでした。それぞれタイトルにはちゃんと意味があるんですよね。

 

 

愛らしいキャラクターたち

さて、重めの、しかし重要な話が続いたので最後に愛らしいキャラクターたちについて紹介しましょう。

 

R2-D2とC-3PO

f:id:shinya-arikawa:20150707061917j:plain

R2-D2は何かと大活躍します。人間語を話すことはできないのですが、隣の人間のようなロボットが翻訳ロボットなので、このオチビさんと会話しています。この2人(?)と掛け合いがなかなかおもしろいんです。スター・ウォーズの中で一番の名コンビです。

 

マスター・ヨーダ

f:id:shinya-arikawa:20150707062318j:plain

なんとこの緑色のおじいちゃん、900歳です。そのためか、数々のジェダイに尊敬されています。スター・ウォーズのエピソード全体を通して出てきますが、エピソード456では人形です笑 しかも123の慎重なキャラと打って変わっておちゃらけています。その変貌ぶりも見どころでしょう。戦うとめっちゃ強いのと、悟りを開いたかのように達観しています。

 

チューバッカとハン・ソロ

f:id:shinya-arikawa:20150707062643j:plain

となりのもじゃもじゃです。ウーキー族っていう種族らしいです。人間語をしゃべることはできませんが、高い知能を持っています。しかも強いです。このチューバッカ、がなかなかのトラブルメーカーでもありますが、隣のパートナーのハン・ソロとの掛け合いが面白いです。ハン・ソロは主人公ろ友情で固く結ばれています。エピソード7で「帰って来」るらしいです。

 

ジャージャービンクス

f:id:shinya-arikawa:20150707063101j:plain

すっとぼけた顔してますね〜笑 グンガン人という水の中にすみかを作って生活する種族です。彼は色々問題をおこして追放されたらしいです。こいつもかなりのトラブルメーカーなのですが、自分でも何が起こっているのかわかっていないのに、なぜかそれが結果的に上手くいっているという...笑 良いキャラしてます。

 

ダース・ベイダー

f:id:shinya-arikawa:20150707063538j:plain

先程から何回も話に上っていたのですが、この有名なマスクを紹介しないわけにはいきませんね。先述のように、命令に忠実な「ロボット」化し、冷酷・無感情・支配欲に飢えた悪役「ダース・ベイダー」です。これ、けっこうイラスト化するのが流行ってましてこちらの絵本なんかすごいかわいいですよね笑 僕もこんな感じのダース・ベイダーが描かれたTシャツをユニクロで買いました笑

f:id:shinya-arikawa:20150707063914j:plain

 

 

さいごに

いかがでしたでしょうか?スター・ウォーズについて、けっこう知っていただけたと思います。肝心なポイントは、

・音楽がすごい!

・エピソード456→123で観ること!

・戦闘シーンがめっちゃカッコイイ!

・随所に日本文化の影響がみられる!

・正義と悪との対立を軸とした長い歴史があり、その一部をピックアップしたのが映画!

・エピソード123で主人公のアナキン・スカイウォーカーがストーリー全体を構成している!!そして大切な愛する人を前にした、彼の揺れ動く感情と葛藤!

・「旅立ち、成し遂げ、生還する」という英雄神話のモデルを見て取ることができる!

・キャラクターが個性的!

したがって、スター・ウォーズは単なるSFだけにとどまらない、感動的な叙事詩的物語です。

 

世の中の女性の方々にこの素晴らしさが伝わったでしょうか?

「あら、けっこう奥が深いのね。」

「ただの宇宙モノじゃないのね。」

「意外と面白そうじゃない。」

こんな風に思っていただけたら幸いです。

本当によく出来上がっていて、大好きな作品です。エピソード1つ1つを観ただけでは、戦闘シーンカッコイイな!くらいで終わってしまいます。どうせみるなら全エピソードを!!それで初めて感動が分かります!

実は、ブルーレイディスクのリマスター版も発売されており、ぼくは残念ながらDVD対応のプレーヤーしか持っていないので、これを機会に一緒に買ってしまおうかと考えています。ブルーレイはさらに見応えがありそうです...!!

 

広告を非表示にする