ありーのだいありー

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありーのだいありー

いろいろ書いてましたが(笑)、今はただの旅日記です。

思わず現実を疑ってしまうおすすめ映画ランキング

f:id:shinya-arikawa:20150708140427j:image

こんにちは、ありーです。

4年生になってから時間が増えたので映画をけっこう借りて観ています。そのなかで、僕が個人的に好きな設定がありまして、「自分が何かに騙されている感、仕組まれている感」が漂う世界観が好きです。「あれ、自分がいきているこの世界ってほんとに現実なのか?何か得体のしれないものが操作しているんじゃないか?

あなたもふと考えてみたことはありませんか?「この世界は実は夢なんじゃないか?」「現実は存在してなくて、プログラム化されているんじゃないか?」などなど。考えてみると、これは現代の科学では証明できないことです。ひょっとしたら自分が認識してる世界は他の人とは違うかもしれないし、超越者(=神、存在...etc.)がこの世界をつくり、動かしているかもしれない。考えても仕方のないことなのですが、つい考えてみてみたくなるのものです。

 

 

個人的にいいな、と思うもののランキングです。予告編も添えているので見てみて下さい。

 

1.マトリックス

これは有名ですね。マトリックス・シリーズ全部で3つの連作になっています。大学の哲学の授業で「この世界は宇宙よりもめちゃくちゃでかい生物が作ったコンピュータの中なんじゃないですかね?」みたいなこと言ったら「それマトリックスですね」と言われ、観てみたらすごい面白かった。ロボットが人間をコンピュータにつないで支配している世界観です。選ばれし主人公が自分の世界を疑い、本当の世界に飛び出し、現実を目の当たりにします。これは映像もすごいので是非みてほしいです。

 

2.トゥルーマンショー

ジムキャリー扮するトゥルーマンの実生活を全てテレビで放送されているんですが、案の定ある時に違和感を感じて自分の世界を疑い始め、外に飛び出そうと励みます。これ、出演している周りの人たちが昔のアメリカのコメディ番組みたいな演技で、それをテレビの外で見てる一般人も同じような演技だから、それもシュールで面白い。僕、ジムキャリー作品は全体的に好きで、コメディ要素と前向きな価値観をミックスしたような映画が多いので大好きです。ジムキャリーの作品は「ナイト・ミュージアム」「イエス・マン」「マスク」など大体雰囲気が似ています。

 

3.インセプション

これは少し趣旨は異なりますが、我に返ってみると「あれれ?」と疑ってみたくなります。僕が大好きなディカプリオが出演しています。ちなみにディカプリオはテキーラ好きらしく、彼が愛飲している銘柄も買ってみました。夢の中に入って色々問題を解決するのですが、夢の夢の夢とかまで入って行ったりして、何が現実かわからなくなります。これもひょっとして今自分がいきている世界は夢かもしれない、なーんて思えたりします。アクションとしての要素や、夢の中なので、ありえないくらい歪んだりなど、たしかに夢ってこんな感じだな、と思える作品です。

 

アジャストメント

これは世界をアジャストメント(=調整)している裏の人たちがいて、自分の行動や将来は彼らによって操作されているという世界観。それをいかに乗り越えることができるのか。「"長官"が全てを決めている...」「おまえは天使か?」などの単語があるので、かなり西洋的な価値観に依っていますね。ちょっと日本からするとうーん?ってなるかもしれませんが、運命とは何か、とうい問いについて、これを観てみたらひょっとしたらそういう感じになっているのかもしれない、と考えられる作品です。

 

カラフル

これは日本のアニメ映画です。一度死んでしまった主人公は1度だけチャンスを与えられ、修行として他の体でもう一度現世で生きることになります。自分はどうせもう死んでいるんだし、と思いながら、厭世気味で生きていきます。そこで色々経験していきます。しかし実は...!とこれもいい意味で人生を仕組まれている物語です。普通に感動できます。声優がちょっと好きではありませんでしたが、そこはまた新鮮だということで置いておきましょう笑

 

 

話は逸れますが、最近思うんです、映画や漫画って、「選ばれし者」が主人公になるじゃないですか。なんかこれってもう見飽きちゃったなあって笑 大体お決まりのパターンがあるんですよね。以前書いた男がはしゃぐスター・ウォーズ7、何が面白いのかしら?でも言及しましたが、比較神話学者のジョゼフ・キャンベルが明らかにしたように、英雄は選ばれ、「旅立ち、成し遂げ、生還する」という物語の王道があるわけです。この「飽き」を一度自覚してしまうと、「あーこのパターンね、はいはい...」って萎えちゃう笑

SFやファンタジーがこのパターンを乗り越えてくれればもっと楽しくなるんだと思いますが、そういう意味では上にあげたインセプションは良いですね。他にも何か良い映画無いでしょうか。探してみます。

上にあげたやつ、これはこれで楽しいので観てみて下さい!!笑

 

あなたにとってなにか新しい発見や、批判がありましたらシェア・コメントいただけると嬉しいです。

広告を非表示にする