ありーのだいありー

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありーのだいありー

いろいろ書いてましたが(笑)、今はただの旅日記です。

【最新版】面倒なインドビザの簡単な申請方法

f:id:shinya-arikawa:20150801013502j:plain

こんちはー、ありーです。

昨日インドビザを申請しにいったわけなんですが、色々と大目玉喰らいました。まずHPに載ってる場所が違うwww まてよ、用意するものどこに書いてるんだ??あれ??

そもそも、インドビザってどうやって申請するの...?

そう、めちゃくちゃわかりずらいんですこれが。 

色々サイト漁るのめんどかったので以下にステップをまとめます。

 

■目次

 ▶ビザの種類  

 ▶申請パターン  

 ▶申請の際に必要なもの  

 ▶ステップ0:パスポート、チケットを取得  

 ▶ステップ1:HPを確認  

 ▶ステップ2:オンラインビザ申請フォーマットを入力 

 ▶ステップ3:いざ、ビザセンターへ 

 ▶ステップ4:証明写真を撮る 

 ▶ステップ5:いざ戦いのとき(申請窓口へ) 

 

ビザの種類

その前にビザの種類についてです。主に以下のビザがあります。

観光ビザ→観光やバックパック

商用ビザ→社会人の現地駐在や海外出張

アイセックビザ→アイセックを通した海外インターンシップ

 ...あれ、個別で企業と契約してたり、他の団体通したインターンシップやボランティアの場合どおすればいいの...?基本的にはなんとかアイセック通してをビザを取得することを推奨します。

ただ、多くの人は観光ビザが多いと思うので、以下、観光ビザの申請方法についてまとめます。

 

申請パターン

①自分でインドビザセンターに出向いて申請する。

②インドビザセンターに必要書類を郵送して申請する。

③インドビザ代行取得業者にお願いする。(お金がかかる)

④オンラインのみでの申請

 この中で東京に通える人にとって一番オーソドックスで簡単なのは①です。②は時間がかかってめんどいし、③はかなりのお金がかかります。④も簡単なのですが、色々と制限があるらしいです。ぼくは実際に取得 していないので、こちらの方のブログが良くまとまっています。

shunnowadai.com

簡単に制限をまとめると、

①ビザの期限がインド入国から30日以下

②クレジットカード支払いで、さらに62ドル(約7700円)と高い

③パスポートの期限が残り6ヶ月以上あること

④ビザの延長は不可で、年に2回のみ取得可能

⑤申請期間は出国日の30日前から4日前の26日間

⑥限られた9つの空港のみで入国可

です。東京に通えて、1ヶ月以上の滞在や、節約したい人、クレカを持っていない学生や時間にゆとりを持ちたい人は、以下の方法が良いかと思います。

 

申請の際に必要なもの

パスポート

(渡航予定日から少なくともパスポート失効期限の7ヶ月以上残っていること)

Eチケットのコピー

(EチケットはPDFでダウンロードできるはずなので、それをプリントアウトして持参)

申請書

(自前PCのオンラインフォーマットに入力したものをプリントアウトして持参する。これが一番めんどう)

5cm×5cmの証明写真

(大きめのサイズで撮って自分で切るか、センター内に証明撮影があり、800円でできるので後者のほうが早いです)

申請料金

(1890円)

パスポートに印刷されているビザ面のコピー

(過去にインドにいったことがある場合)

 

さてそれではいきましょう。

ステップ0:パスポート、チケットを取得

えーとですね、まずパスポートをお近くのパスポートセンターがあると思うので、そこで取得してください。そして、その後、インド行きのチケットを取得しましょう。ここらへんは今回は飛ばし、また別でまとめようと思います。

フライトチケットを購入すると、Eチケットが発行されるので、それをダウンロードし(もしくはそのページをそのまま)、プリントアウトします。これでeチケットの準備は完了です。

 

ステップ1:HPを確認

そう、ぼくがミスったところです。なんと2015年4月1日よりビザセンターの場所とHPが改訂されていました。インドは制度やらなんやらコロコロ変わるらしく、公式ページと各人のブログの両方を見たほうが良いと思います。

こちらが新しいHPになります。

 

ステップ2:オンラインビザ申請フォーマットを入力

申請書は紙媒体ではありません。つまり、自前のPCでオンライン申請フォーマットに入力し、それをプリントアウトし、持参して提出します。そして、もしこれを忘れると1000円くらい払わされてビザセンター内のPCで入力する羽目になるのですが、けっこう混んでて順番待ちが必要になるのでなかなか使えません。

こちらがオンライン申請フォーマットです。

f:id:shinya-arikawa:20150801003010p:plain

 

ここからは、ネットで素晴らしく出来上がった見本が掲載されているので、こちらを参照しながら埋めていきます。

フォーマット見本

最後に、顔写真のアップロードが求められます。アップロードは必須ではないのですが、一応念のため、誰かに写メってもらうか自分で取ってPCに取り込み、そこからアップロードするのがいいでしょう。余った証明写真をスキャンするのでもいいかもしれません。

そして、最後に誤字脱字がないか確認しましょう。ここでミスると申請にいったときにやり直しさせられます。1000円くらいで。

そして、確認を済ませ、確定させれば完成です。

途中で中断したい場合は、上に表示されているID(例:53081534JSBL8HO)をコピペしておいて、トップ画面の上の部分でピンク色になっているComplete Partially Filled Formというボタンから入力を再開できます。

再開するためのログイン画面

PDFとしてダウンロードされます。これをプリントアウトしておけば申請フォーマットの準備は完了です。

 

ステップ3:いざ、ビザセンターへ

注意なんですが、場所は茗荷谷駅から三田駅or田無駅へと移動しています。こちらが地図。

かなり場所はわかりづらいです。立派な建物かとおもいきや(少なくとも通り沿いだとおもいきや)路地入ったさらに路地に面してます。

この左の灰色の建物を、

f:id:shinya-arikawa:20150801000124p:plain

ぐるっと左へいくと...

f:id:shinya-arikawa:20150801000254j:plain

ありました。これです。

ちなみにですが、茗荷谷といえば早稲田からすぐ近くなのに、なんと慶應の最寄り駅の三田へ移動していましました。最初これに気づかず茗荷谷へいったんですが、移転してることに気付き、なぜか負けた感がして無駄に悔しくて「ファーーーーック!!(泣)」て叫びながら電車乗換しました。

 

またまた注意なんですが、営業日と時間がけっこうシビア。

申請窓口は意外に早く閉まる!!!!

申請書提出時間 — 東京
月曜日 〜 金曜日
9:00〜12:00 13:30〜16:00
土曜日
9:00〜12:00

 

パスポート回収時間
月曜日 〜 金曜日
10:00〜12:00    14:30〜17:30

 

休日は日曜日とインドの祝日です。日本の祝日は普通に営業してるそうです。

そしてインドの祝日はこちらを参照

 

※10/17追記

受付の時間が9/28より変更になったとの情報を頂きました。

申請書提出時間
月曜日 〜 金曜日
9:00〜13:30
土曜日
9:00〜12:00

パスポート回収時間
月曜日 〜 金曜日
10:00〜12:00    15:00〜17:30

こちらが新しい時間のようです。ちょいちょい変更するので、必ずHPをみて確認してください。

 

入った時にこういう看板がぶら下がってますが、営業してるときもぶら下げてるのでビビらずに入って大丈夫です。

f:id:shinya-arikawa:20150801001044j:plain

あと、中は自前のPCは使用禁止です。プリンターも使わせてくれません。全ては金なのです。なので、もし修正する場合とかは近くのコンビニに駆け込んだほうがいいです。USBメモリを念のために持っておきましょう。なかのインド人はすきあらば金を儲けようとしてきます。しかし、少し質問するくらいなら意外と教えてくれたりします。

 

ステップ4:証明写真を撮る 

5cm×5cmという日本だとほぼ使わないサイズ。実はビザセンター内に撮影機があります。しかも近くのコンビニの撮影機は800円で違うサイズなのに対し、ここでも800円でインド規格のサイズ。ここで撮影したほうが楽ちんです。 

 これで必要なものは揃いました。

 

ステップ5:いざ戦いのとき(申請窓口へ)

一番奥まで入ると窓口が4つあります。一番左の観光用ビザのとこにいきます。みんな座ってるし、窓口のお姉さんは忙しそうなので、順番待ちなのか?順番カードがあるのか?と不安になりますが、堂々と窓口にいって「お願いします」といえばオッケーです。パスポート、Eチケットコピー、プリントアウトした申請書、証明写真を提出。ここで何かミスってたりすると窓口のお姉さんに跳ね除けられます。

何か困ったことがあれば周りに誰かしらいるので、インド感を出している慣れてそうな人に質問すれば普通なら色々教えてくれます。ちなみに僕はめっちゃかわいいインド常連の学生に話しかけ、助けてもらいました笑

 ほとんどの場合には「何の目的だ?何をするんだ?」のような問答はなく、「申請書ダシテ。パスポート。写真モ。イイヨ、マッテテ。」と、事務的に処理されるだけでした。観光以外の目的で参加する人は、ビザが発行してもらえなくなるので、真面目に喋らないように注意してください。

さてその後、周りと同じように沈黙と緊張の待ち時間へ。

.....

........

............

(約10分後)「〇〇さーん」

呼ばれました。特にイチャモン付けられなければ順調に終わった証拠です。出された紙にパスポートと同様のサイン(漢字で書いてたら漢字、ローマ字ならローマ字)をいくつか書き、持ってきた1890円を支払えば申請完了です。この時もらった領収書を忘れずに保管しておきましょう。それと、ビザはパスポートに押されるので、預けっぱになります。

大体最短で4営業日ほどかかります。2週間ほどかかった人もいるらしいです。時間に余裕を持って申請したほうが良さそうですね。

申請終了!!

 

※追記

ビザを受け取りにいきました。

申請の際にもらった受領書を窓口の箱に提出し、待つこと30分...

それにしても遅い。名前確認して渡すだけだろうに。ということで受付に聞いてみたところ、

「すみません、呼ぶの忘れてました!」

おい笑 頼むよ受付!!忙しいのはわかるけども...

ということでサインをして無事にビザを受け取ることができました。

本来ならばいって10分とかからずに受け取ることができるそうです。

 

どうぞ、みなさんもインドライフを楽しんでください!! 

 

※追記 10/1

読者様からリンクが違う、説明が足りない等のご指摘を頂きましたので、修正致しました。

 

広告を非表示にする