ありーのだいありー

ありーのだいありー

いろいろ書いてましたが(笑)、今はただの旅日記です。

スマホよりスマートな「ポケットにメモ帳とペン」がオススメ

f:id:shinya-arikawa:20150922051338j:plain

あなたがメモを取る時や、ふと考え事をした際、どこにメモってます?スマホのメモ帳機能ですか?普段ポケットに入れてよく使っていたから、クラウドに保存できるし、まあまあ便利ですよね。

でも、メモって文字だけですじゃないですよね?簡単な地図を書いたり、図でメモったり、そこにちょろっと付け足したり、そういうのをけっこうするんです。だから、キーボードをフリックして文字だけしか入力できないの、かなり不便になってきました。

しかも、いまぼくは海外にいるので、なかなか外ではネットが使えないからスマホはカバンの中にしまっている時が多いんです。そこで、普段からメモ帳をポケットに忍ばせているんですが、これがなかなか良いんです。これは"あり"ですよ。

それでは、なぜスマホよりメモ帳がスマートなのか?

 

 

 

スマホよりスマートな点

1,自由に書ける

スマホだと文字しか書けませんよね?しかし紙ならなんでも書けます。図やイラスト、グラフなどなど、枠に縛られることなく自由に。因果関係やふと思いついたことの雑多なメモなど、なんでも書いていいし、自分がわかる書き方でいい。

キーボードだと正確に文字を打つことができるので、無意識にきれいな文章にしようとしちゃいます。でも紙のメモ帳では無秩序になってもいいんです。自分だけに分かればいいんですから。

とにかく自分が表現したいことをそのままアウトプットできるのは、後で見返す際にもわかりやすくていいですよね。ぼくは図をよく使うので、心地が良いです。

 

2,余計な時間を取られない

スマホでメモを取ると、ついでにLINEチェックして、SNSのチェック、ああそうそうインターネットで調べ物して…なんて、わずか数秒で済むメモが、数分、数十分と伸びていきます。画面開いて通知が着てたら絶対チェックするでしょう?

その時間が実にもったいない!紙のメモ帳なら、パッと書いてスッとしまって終わりですもん。さらに、キーボードのフリックと手書きだったら、圧倒的に手書きのほうが早いです。他のやることに時間を当てられるので、作業効率UPです。

 

3,人にパッと書いて渡せる

例えばメールアドレスなどの連絡先や、お店の名前や簡単な地図、買い物リストなど、紙に書けばオンラインを経由することなく、すぐにその場で渡せます

「後でLINE送っとくね〜」が通じない、あまり頻繁にケータイをチェックしないような人に、紙で書いて渡せばすぐですからね。

また、「何か書くものない?」という、いざというときの場面ではバリューが発揮できます笑

 

4,バッテリー切れがない

メモ帳を1日で使い切ることはほぼないでしょう。でも、スマホは1日でバッテリー切れになります。「せっかくメモっといたのに見れない…」なんてことは紙では起こりません。「これはメモっとこう」と思った時にバッテリー切れも嫌ですよね。

いつでもバッテリーを気にしながら生活するという何かに縛られている感は、紙に変えればそこから脱せますよ。ぼくはかなり気が楽になりました。

 

5,熱心さが伝わる

人の話しを聴いてる時に、自分はメモってるのに、相手からは画面が見えません。「ちゃんと話し聞いてんのかな?」ってなること、たまにないですか?でもメモ帳に書き込んでたら、「お、すげえメモってくれてる」って思いますよね。

そういうところから、相手への好印象を与えることができるんです。実際、ぼくはメモ帳に書き込んでると、「君、勉強熱心だね」と声をかけてもらえたり、より詳しく話してくれたりすることが多いです。

 

7,記憶力が高まる

キーボードで打った文章よりも、手で書き込んだ文章のほうが記憶の定着力は強いらしいです。日系ビジネスの記事にも載っていますね。こちらはPCとの比較ですが。紙のメモ帳は自由に描きこめるので、色分けや図解、イラストなどによって記憶定着の補助になります。
ぼくは人の名前を覚えるのが苦手だったのですが、メモ帳に特徴などをパパっと書くようにしてから、覚えるのが少し早くなった気がします。
そして基本メモ帳の字は僕にしかわからないので、万が一見られても「なんだこれ?笑」で終わります。スマホだったらバッチリわかっちゃいますけどね。

 

8,スマホの盗難・紛失防止に

これは海外旅行のときとかの場合です。日本人ってほとんどの人がiPhoneだと思うんですが、海外の人からしたらスマホの中では高級品です。スマホ自体持っている人も少ない場合もあります。そうなると、「あいつは金持ちだ」と認識されて、ひょっとしたら盗難にあったりするかもしれません。

何度もポケットから出し入れしてる内に紛失したりするかもしれません。メモ帳だったらその心配はないですよね。

 

使い方

1,白紙で、硬い表紙がオススメ

個人的には白紙が使いやすいですが、方眼はグラフなども書きやすいのでいいと思います。表紙は厚紙や硬めのプラスチックがいいです。柔らかいと手に持ってでは書きづらいので。

また、厚いメモ帳だと、長く使うとボロボロになるので、サイズ感はポケットにスッと収まる程度のものをチョイスしましょう。

 

2,日付と場所も記入する

メモする際に日付けや場所、できれば時間を簡単に書いておくと、「あ、この日にあの場所で、こういう事を思いついたんだ」「この人はあの時のイベントで知り合った人だ」と、すぐに思い出すことができるのでオススメです。

 

3,基本はオモテ面だけ

裏は使わないでカードのようにオモテ面だけ使います。そうするとパラパラっと目を通しやすいです。裏にも書いちゃうと逆さにしたりけっこう面倒です。裏は後でなにか付け足したい時などの補助的に使うといいと思います。

 

4,いらないメモは捨てる

近々使いそうなメモはそのまま残しておいて、いらなくなった紙は破って捨ててしまいましょう。長く保存しときたいメモは破ってファイリングするか、スマホアプリのスキャナーでPDFとして保存するのもいいと思います。

 

5,「加圧ボールペン」がオススメ

普通のボールペンをポケットに淹れてると、インクが出にくくなったりするんですよね。そんな悩みを解決してくれるのが加圧ボールペン。天井や壁など、どんな角度でも書くことができるので、メモ帳と相性がいいです。

 

書くこと

もうとにかく自由に!!

ぼくの場合は、ふと思いついたアイデア、人に聞いた情報、その日のtodo、本や映画などの感想、ブログなど投稿記事のアイデア出し、簡単な地図、人や場所や食事の名前や印象、買い物で払った値段、疑問に思ったこと、相手の連絡先、自分の思考整理など、色々書いてます。

感覚としては、「ポケットサイズの落書き帳」に近いかもしれません笑

 

じゃあ、スマホのメモ機能は全く使ってないのか?

実はそんなことはありません。

例えば、色々なサイトのIDとパスワードのようにすぐコピペできるもの、ネットで調べた長文でまとめた文章、サイト記事のコピペなど、パスコンがない時のブログやメールの下書き、レポートなど、オンラインで完結する場合には特に使っています。

さすがにパスワードとかは紙だと管理しきれませんからねぇ笑

 

まとめ

スマホのメモ機能よりも、紙のメモ帳のほうがスマートな理由、納得してもらえましたか?ぼくはいち早くスマホから解放されて最高です。

紙のメモ帳をポケットに忍ばせるの、これ"あり"でしょ?

広告を非表示にする